<< 2009年がはじまりました | main | ブログ移行のお知らせ(アドレスは変わりません) >>

裏地の付け方

通常のバッグの裏地付けは、
あき口の端から数センチ控えてつけます。

レッスンバッグの裏地

※ こちらのサンプル品は、持ち手の付け根の部分が、Xの模様のように
縫われていませんが、縫製加工依頼の場合は何度もミシンで縫い付け、
丈夫に仕上げております。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

最近は、あき口ぎりぎりまで裏の生地がきていて、
裏生地がみえるものも多くみられます。
これは「毛抜き合わせ」といいます。

レッスンバッグの裏地毛抜き合わせ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

※ 巾着袋は、毛抜き合わせでのお仕立ては承っておりません。
ご了承くださいませ。

posted by: kaorisewing | 裏地のこと | 16:28 | - | - | - | - |